キャビンアテンダント・フライトアテンダントのための
≪苦情旅客対応講座≫
はじめに  苦情処理の心構え編  In-chargeとしての基本対応  具体的処理例
はじめに

In-Charge Dutyの時は、お客様が怒っていれば、その処理もしなければなりません。時には、ヘソを曲げてしまって、どうやってもうまくいかず、お手上げ状態になることもあります。

お客様が怒っていると逃げてしまうCAがいます。逃げているうちは、一人前のIn-Chargeとは言えません。お客様の苦情を、進んで聞けるようになってこそ一人前です。

この講座では、各クラス In-Chargeとしての旅客苦情処理について学んでいきます。

 
はじめに  苦情処理の心構え編  In-chargeとしての基本対応  具体的処理例
copyright 2001© all rights reserved STWDS.COM since 2001